平成20年度上半期の財政状況【平成20年9月30日現在】

 

ページ番号1002657  更新日 平成29年3月3日 印刷 

 市が提供するさまざまな行政サービスは、皆さんに納めていただいた税金や国及び県からの支出金などによってまかなわれています。市では、それらがどのように使われているかをお知らせするため、年2回、財政状況を公表しています。
 今回は、平成20年度上半期(4月1日~9月30日)の財政状況をお知らせします。

市の概要

人口(外国人登録人口含む)
150,423人
世帯数
58,813世帯
面積
44.74平方キロメートル

財産の状況

土地
2,052,864平方メートル
建物
351,028平方メートル
基金
24億7,614万3,436円

一般会計

 平成20年度の一般会計歳入歳出予算現額(前年度からの繰越額を含む額)は、当初予算に2回の補正を行い、353億9,533万円(平成19年度繰越額4億4,813万円を含む)となっています。

主な補正内容

平成20年度税政改正に伴う市税統合オンラインシステム改造経費の増額
児童扶養手当申請件数の増加が見込まれることによる児童扶養手当の増額
道路等の緊急補修費の増額 など

上半期に完了した主な建設事業

中央公園及び運動公園プールろ過装置流量計設置工事
藤の台公民館熱源機器設備改修工事
市道A303号線舗装補修工事
市道F154号線舗装補修工事
市道幹39号線舗装補修工事
市道幹50号線舗装補修工事 など

平成19年度からの繰越事業で、平成20年度上半期に完了した事業

武蔵藤沢駅歩行者デッキ設置工事
藤沢小学校屋内運動場改築工事(建築及び電気設備工事)

歳入 予算現額353億9,533万円(収入済額169億9,703万円)収入率48.0%

歳入の内訳及び予算現額と収入済額の対比の図

歳出 予算現額353億9,533万円(支出済額151億7,106万円)執行率42.9%

歳出の内訳及び予算現額と支出済額の対比の図

市民の負担状況

 上半期の一般会計における市民1人当たりおよび1世帯当たりの負担状況は、下表のとおりです。
 収められたお金は、上半期の市税収入の総額、使われたお金は、一般会計が支出した総額によって計算しています。

市民の負担状況
収められたお金
使われたお金
市民1人当たり
83,875円
100,856円
1世帯当たり
214,522円
257,954円

市債の状況

 市債は、公共施設の建設や区画整理事業などのための資金として、市が借り入れているものです。一般家庭においては、住宅ローンなどに当たるものです。
 普通建設地方債は、市が行政運営の中で計画的に措置をする通常の市債で、施設の建設、改修や道路の築造工事等に使われています。土木債、教育債、衛生債、消防債、商工債、総務債、民生債が該当します。
 特例地方債は、国の施策として市が借り入れをすることになった市債で、市の全般的な運営に使われています。臨時財政対策債、減税補てん債、臨時税収補てん債、減収補てん債が該当します。
 平成20年9月30日現在の市債残高は、下表のとおりです。
 なお、市債残高(上半期)は、平成19年度末残高に上半期市債借入額を足した額から、平成20年度9月末現在の償還元金を引いた額です。

                                                                                    (単位:万円)
    区  分 平成19年度
末残高
   上半期
市債借入額
  平成20年度9月末現在償還額    上半期
  市債残高
  元  金   利  子        計
普通建設地方債 1,438,192 4,250 125,164 18,873 144,038 1,317,278
特例地方債 1,519,648            ― 44,871 9,993 54,864 1,474,777
総額 2,957,840 4,250 170,035 28,866 198,901 2,792,054

注意:表示単位未満四捨五入をしているため、償還額計、総額は一致しない場合があります。

特別会計

 特定の事業を行うために一般会計から区分して別に設けているのが、特別会計です。平成20年度は、新たに後期高齢者医療特別会計が加わり、9つの特別会計となりました。当初予算額は合計で261億2,109万円でしたが、2回の補正により国民健康保険特別会計、後期高齢者医療特別会計を除く7会計において増額を行いました。(国民健康保険特別会計は減額補正、後期高齢者医療特別会計は補正なし)。
 その結果、予算現額で268億6,670万円(平成19年度繰越額2億9,686万円を含む)となりました。
 なお、上半期における各特別会計の予算執行状況は下表の通りです。

会計名 予算現額 収入済額 収入率 支出済額 執行率
国民健康保険 132億8,350万円 54億5,044万円 41.0% 64億2,153万円 48.3%
老人保健 19億4,976万円 10億827万円 51.7% 8億3,556万円 42.9%
後期高齢者医療 11億475万円 2億9,323万円 26.5% 2億662万円 18.7%
介護保険 53億10万円 23億8,329万円 45.0% 21億786万円 39.8%
下水道事業 28億5,453万円 11億6,991万円 41.0% 10億3,604万円 36.3%
武蔵藤沢駅周辺土地区画整理事業 6億2,327万円 1億3,059万円 21.0% 1億3,790万円 22.1%
入間市駅北口土地区画整理事業 3億5,656万円 2億4,386万円 68.4% 6,912万円 19.4%
扇台土地区画整理事業 5億9,512万円 1億5,145万円 25.4% 2億3,090万円 38.8%
狭山台土地区画整理事業 7億9,911万円 2億1829万円 27.3% 3億5,500万円 44.4%
合計 268億6,670万円 110億4,933万円 41.1% 114億54万円 42.4%

注意:各会計ごとに表示単位未満四捨五入をしているため、合計は一致しない場合があります。

企業会計(水道事業)

 独立採算制を原則に、企業としての経済性を発揮しながら運営していく会計です。
 収益的収入は、主財源である水道料金(給水収益)が14億1,519万円で上半期の収入見込額に対して99.3%の執行率になっています。収益的支出では、主な費用である県水の受水費が4億1,814万円で上半期の支出見込額に対して83.0%の執行率となっています。
 なお、予算全体の執行状況は、下表の通りです。

水道事業会計の予算執行状況の表








注意:繰越額含む。
注意:収益的収入及び支出は、水道事業の経営活動によって発生する収入、これに対する支出を表します。資本的収入及び支出は、配水管などの建設投資等の支出と、その財源となる収入を表します。

このページに関するお問い合わせ

企画部 財政課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。