平成19年度下半期の財政状況【平成20年3月31日現在】

 

ページ番号1002661  更新日 平成29年3月3日 印刷 

 市が提供するさまざまな行政サービスは、皆さんに納めていただいた税金や国及び県からの支出金などによってまかなわれています。市では、それらがどのように使われているかをお知らせするため、年2回、財政状況を公表しています。 
 今回は、平成19年度下半期(平成19年10月1日から20年3月31日)の財政状況をお知らせします。

市の概要

人口
149,894人
世帯数
58,204世帯
面積
44.74平方キロメートル

市有財産の状況

土地
2,053,970平方メートル
建物
350,673平方メートル
基金
24億7,457万8,736円

市民の負担状況

 
収められたお金
使われたお金
市民1人当たり
147,767円
218,634円
 1世帯当たり
380,548円
563,053円

一般会計

  平成19年度の一般会計歳入歳出予算現額は、前回の財政状況の公表時の予算現額358億3,165万円に対し、10月からの下半期で3回の補正を行い、354億7,898万円(18年度繰越額1億8,749万円含む)となりました。

歳入  予算現額354億7,898万円(収入済額334億1,004万円)収入率94.2%

歳入の内訳及び予算現額と収入済額の対比の図

歳出  予算現額354億7,898万円(支出済額327億7,192万円)執行率92.4%

歳出の内訳及び予算現額と支出済額の対比の図

市債の状況

  市債は、公民館や健康福祉センターなど公共施設の建設や区画整理事業などのための資金として、市が借り入れているものです。
 「建設地方債」は、市が行政運営の中で計画的に措置をする通常の市債で、市内の施設等の建設及び改修や道路の築造工事等に充てられています。
 「特例地方債」は、国の施策として市が借り入れをすることになった市債で、市の全般的な運営に充てられています。

市債の内訳と市債元金残高比較の図(平成19年度、平成18年度)

市民1人当たりの市債残高

平成19年度末
(見込み)
平成18年度末
平成17年度末
197,329円
202,777円
207,533円

特別会計

 特定の事業を行うために、一般会計から区分して別に設けているのが特別会計です。平成19年度は、国民健康保険など8会計があります。
 前回の財政状況の公表時の予算現額316億1,365万円に対し、10月から3回の補正を行い、329億6,624万円(18年度繰越額3億4,075万円含む)となりました。

各特別会計の予算現額、収入済額、支出済額一覧表

企業会計(水道事業)

  独立採算制を原則に、企業としての経済性を発揮しながら運営していく会計です。
 支出予算額は、前回の財政状況の公表時の予算現額45億709万円に対し、10月から3回の補正を行い、46億4,205万円(18年度繰越額2億101万円含む)となりました。
 収益的収入の執行額は、31億2,602万円で予算に対して101.4%の執行率となり、このうち主財源となる水道料金収入は、28億3,579万円となりました。

企業会計(水道事業)の収益的(収入、支出)資本的(収入、支出)予算現額と執行済額一覧表

このページに関するお問い合わせ

企画部 財政課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。