平成26年度財務4表

 

ページ番号1002947  更新日 平成29年3月3日 印刷 

統一的な基準による財務書類

 入間市においては、総務省から示された2つの作成方式(基準モデル・総務省方式改訂モデル)のうち、総務省方式改訂モデルを採用し、平成20年度決算から公表してきたところです。
 しかし、財務書類の作成方式が複数あり、他自治体との比較が困難であるほか、完全な複式簿記の導入や固定資産台帳の整備が進まないといった課題があります。このことから、総務省において固定資産台帳の整備と複式簿記の導入を前提とした財務書類の作成に関する統一的な基準が示され、当該基準による財務書類等を作成・公表することが全地方公共団体に要請されました。
 入間市では、総務省からの要請を受け、新たに示された「統一的な基準」により、一般会計等及び関連団体等も含む連結ベースでの4つの財務書類(貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書)を作成し、公表します。
 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 財政課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。