文化創造アトリエ「アミーゴ」

 

ページ番号1010405  更新日 令和2年6月10日 印刷 

入間市文化創造アトリエ

入間市文化創造アトリエ

施設貸し出し再開のお知らせ

新型コロナウイルス感染症対策の一環として、施設貸し出しを休止しておりますが、

7月1日(水曜日)より、部屋の貸出しを再開します。※現在も窓口業務は通常通り行っています。

なお、ご利用にあたっては新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、

「入間市主催事業等の開催における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」

「入間市立公民館利用に伴う感染拡大予防ガイドライン」

「公益社団法人全国公立文化施設協会が定めるガイドライン」

 「会議室で飲食を伴う会合の取り扱い」

「文化創造アトリエ利用に際しての附則」

を遵守していただきますようお願いいたします。
利用者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

大正5年、この地に埼玉県繊維工業試験場が仏子模範工場 として建てられました。入間川に望む窓からは心地よい川風が入り、試験場の仕事も軽やかに回りはじめたことでしょう。大正、昭和、平成と三つの時代を経て、試験場は地元に密着し、技術、品物、人を育ててきましたが、平成10年 3月、施設統合という形で84年の長い歴史を閉じました。残されたのは堅牢な骨組みの5棟の建物。まだまだ活躍できると主張するぬくもりある木造の建物は、文化創造の場に最適でした。
2年かけて再生された「文化創造アトリエ Amigo!」
ここでいろいろな人が出会い、お互いに尊重しあい、個性を認め合うところから何かが始まる。
演じる人、観る人、支える人・・・ここに集まる人が創造の担い手です。主役は『ここに来る人』全員です。
地域のなかでまちを育み、人を育てた施設は、ここで更なるまちづくり、人づくりの館となりました。
歴史・伝統を縦糸に、市民の元気・知恵を横糸に織り上げて、入間らしい文化を造りだしましょう。

所在地
入間市仏子766-1
電話
04-2931-3500
ファクス
04-2931-3700
利用時間
午前9時から午後10時30分まで
午前 午前9時から正午
午後 午後1時から午後5時
夜間 午後6時から午後10時30分
利用時間には、仕込み、準備、撤収、後片付け、清掃など全ての時間を含みます。
保安上、午後10時30分から翌日8時30分の間はゲートを閉門します。
施設の概要
開館 平成13年2月1日
設置目的 市民自らが音楽、演劇等の文化活動の練習、発表および交流並びに地域産業の理解および振興を図る場とする。
構造 木造5棟、RC造2棟
敷地面積 4,929平方メートル
建築面積 1,737.84平方メートル
公園面積 5,945平方メートル
工事費 建物約2億6千万円、公園約5千400万円
利用のお申し込み
市民ディレクターが利用内容、方法等について利用調整を行いますので、利用申請の前に、あらかじめ相談が必要となります。
直接来館のうえ、利用申請をしてください。
受付期間

ダイヤプラン5市(入間市、所沢市、飯能市、狭山市、日高市)に住所を有する個人、法人、団体等は、使用日から起算して6か月前の初日から、その他の方は4か月前の初日からの申し込みとなります。

受付時間
午前8時30分から午後8時
利用期間
安定した文化創造活動のため、連続して最長14日間まで。
利用回数
多くの方に利用してもらうため、1か月あたり2回まで(使用日から起算して8日前以降の申請は除く)。
打合わせ
公演や長期間の利用などについては、事前に打合せをアトリエとしてください。
利用の制限
次のことに該当する場合は、使用を許可しません。
・アトリエの設置目的に反すると認められるとき。
・施設等を損傷するおそれがあると認められるとき。
・暴力的不法行為を行うおそれがあると認められるとき。
・その他、アトリエの管理上支障があると認められるとき。
休館日
年末年始(12月29日から1月3日)
停電、保守点検、工事等のため利用できない場合があります。
駐車場
34台
交通案内
西武池袋線 仏子駅よ北口り徒歩5分

文化創造アトリエ 「アミーゴ」付近地図

施設案内図

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 自治文化課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。