パートナーシップ・ファミリーシップ制度にかかる連携協定を締結しました

更新日:2023年09月26日

ページID: 8964

ダイア5市による連携協定を締結

 令和5年2月6日にダイア5市(所沢市・狭山市・飯能市・日高市・入間市)で連携協定を締結しました。

 これにより、ダイア圏域内での転出入時における手続きの簡略化や、制度の周知を広域で行うことによる性的マイノリティへの理解促進を図ります。

『宣誓』ではなく『申告』

 他の自治体で宣誓していた方が入間市に転入される場合、新たに宣誓をする必要がありますが、令和5年4月よりダイア5市からの転入の場合は手続きの少ない『申告』となります。宣誓と異なる点は下記のとおりです。

  • 転出元自治体へ宣誓書受領書等の返還が不要
  • 申告の際、戸籍全部事項証明の提出が不要

 申告書は下記よりダウンロードしていただけます。また、申告の流れは宣誓と同様ですので、併せて宣誓のページもご確認ください。

【様式2号】入間市パートナーシップ・ファミリーシップ継続申告書(PDFファイル:137.3KB)

申告に必要な書類

  • 入間市パートナーシップ・ファミリーシップ継続申告書(様式第2号)
  • 転入前に交付を受けた宣誓書受領書など
  • 住民票の写し又は住民票記載事項証明書(転入予定の場合は転入後に住民票の写しなどを提出)※ファミリーシップの申告もあわせて行う場合は、子も含めた写しを指定してください。
  • 本人確認書類
  • 通称名を使用する場合は、通称を日常的に使用していることが確認できる書類(郵便物、社員証など)

入間市ルール

  • 他の自治体で宣誓をしていた方が、入間市に転入後宣誓や申告をする場合、『宣誓日』は最初に宣誓を行った日を継承することができます。結婚記念日などと同様に、大切な記念日として受領書に残すことができます。
  • 入間市ではお二人のうちどちらか一方が入間市在住であれば宣誓が可能です。しかし、他のダイア構成市ではお二人ともが市内在住とする要件としているため、入間市でパートナーシップ制度を利用されていても、転出先でパートナーシップ制度を利用できない可能性もあります。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 人権推進課
〒358-0003 埼玉県入間市豊岡4-2-2
電話番号:04-2964-2536
ファクス番号:04-2964-2539
メールフォームによるお問い合わせ