SDGsの推進

ページID: 8975

入間市がSDGs未来都市に選定されました。

入間市では、持続可能なまちづくりに向けてSDGsを推進しています。

SDGs未来都市とは、SDGsを推進するため、他自治体のモデルとなるような先進的な取り組みを進める都市・地域を内閣府が選定するものです。入間市は、2030年のSDGs達成に向けて、「Well-being」をキーワードに地域資源を生かした取り組みを進める提案を行い、2022年度SDGs未来都市に選定されました。

市民の皆さん、企業、団体等とのパートナシップをもとに、環境、社会、経済の3つの側面のバランスが取れたWell-beingなまちづくりを進めていきます。

SDGsとは

SDGsとは、Sustinable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です。2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際会議です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsポスター

「SDGs日本モデル」宣言に賛同しています。

SDGs日本モデル宣言とは、地方自治体が国や企業、団体、学校、研究機関、住民などと連携して、地方からSDGsを推進し、地域の課題解決と地方創生を目指していくという考え・決意を示すものです。この宣言は、2019年1月30日に開催された「SDGs全国フォーラム2019」において、全国93自治体の賛同を得て発表されました。その後も多くの地方自治体で追加で賛同し、2022年11月21日現在、本市を含め、445の自治体が賛同しています。

日本モデル

この記事に関するお問い合わせ先

企画部 企画課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)
ファクス番号:04-2964-1013

メールフォームによるお問い合わせ