職員採用情報

更新日:2024年05月01日

ページID: 9065

「あなたのチカラが このまちの未来をつくる」

入間市では、多様化する市民ニーズ・社会課題への適応力を持ち、新しいことに積極的にチャレンジできる方、目標に向かって努力できる方、そんな職員を求めています。

内閣府SDGs未来都市への選定をはじめ、県内初の「地域DX推進ラボ」選定地域への認定、全国初の「ヤングケアラー」に特化した条例やスポーツ振興まちづくり条例の制定、茶畑テラス「茶の輪」の開設など、入間市では、たくさんの先進的な施策を実現しています。

新規採用職員集合写真

今後も、官民連携のさらなる強化をはじめ、市庁舎の建て替えやSDGs産業団地の開発など、様々な新しい計画が控えています。

これからますますおもしろくなる「入間市」で、ぜひあなたの魅力と能力を存分に発揮してください。あなたのチカラで、一緒にこのまちの未来をつくりましょう!

採用試験情報

多くの方が受験しやすい採用試験です!

市役所本庁舎
  1. 公務員試験対策不要
    筆記試験にはSPI3検査を用いるなど、公務員試験対策をしていない方にも受験しやすくなっています。
  2. 人物重視の選考
    申込者全員と動画投稿面接およびエントリーシート試験を行い、人物重視の選考を行います。
  3. オンラインでいつでも申し込み可能
    平日や日中に時間がとりにくい方、遠方の方でも受験しやすくなっています。

試験・採用イベント情報

参考:前年度の試験・採用イベント情報

過去の試験の受験状況

職員のインタビュー動画を作成しました

ショート動画キャプチャ画像

市役所の業務は非常に幅広く、様々な部署で多岐に渡る業務を行っています。
では実際、どんな人たちが、どんな雰囲気で、どんな仕事をしているのでしょうか。そこで、

  • どんな雰囲気で仕事をしているの?
  • 仕事の内容を教えて!
  • 印象に残っている仕事は?

以上について、職員にインタビューしてみました。1本2分程度の動画になっていますので、ぜひ職員の生の声をご覧ください。(撮影は令和6年度に行ったものです)

動画(全6本)の視聴は下記リンクから

職員の「はじめての○○」を紹介します

誰しもが必ず通る道、はじめての仕事。その中から思い出に残る仕事について、若手職員に紹介してもらいました!(この記事は、職員広報「帰ってきたひばり」から抜粋したものです)

職員広報ひばりとは?

ひばりマン

マスコットキャラクター「ひばりマン」

「元気ないるマインドの輪を広げるプロジェクト」として、職員から募集した提案をもとに、入間市行政事務改善委員会が発行しています。ワーキングチームとしては、部署を問わずに集まった若手職員が活躍しています。

同委員会は、職員交流掲示板の作成や、「Hygge~心地よい場所~」として昼休みに職員交流の場を設けるなどの活動を行っており、入間市役所では積極的な職員交流が行われています。

入間市はこんなまちです

航空写真
新茶まつり
万燈まつり
わんぱく相撲

入間市は、埼玉県南西部に位置する人口約15万人の市です。

  • 狭山茶をはじめとした、多彩な農産物
  • 工業団地を中心に産出される、優秀な製品
  • 各地区の商店街やアウトレットなどの大規模店舗 etc…

たくさんの「入間市自慢」な文化・自然・資源がある豊かなまちです。

入間市職員は、入間市に関わるすべての人が「心豊かでいられる」毎日を過ごし続けられるように、様々な施策で支え、応援しています。

注目の政策や取り組みを紹介します!

市章

入間市では、まちと社会の課題を解決し、入間市の未来を拓くための戦略的な政策を積極的に推進しています!
市の業務は非常に多岐に渡り、各部署にて様々な取り組みを行っていますが、ここでは、その中からピックアップしてご紹介します。

入間市役所の働きやすさはこんなところ

職員の写真

男性職員の育児休業取得率90%!
入間市では、全管理職がイクボス宣言を行っており、毎年男性職員が育児休業を取得しています。令和4年度の男性職員の育児休業取得率は90.9%で、日経新聞にも掲載されました。
ワークライフバランスの充実に向けて、管理職をはじめ周りの職員がサポートします!

若い世代が主役
ここ10数年で若い世代の職員を多く採用しています。仕事でもプライベートでも話しやすく、頼りになる先輩職員がしっかりサポートします!

世代を超えた交流
入間万燈まつりは、様々な世代の職員が一丸となって実現するイベント。野球・サッカー・けん玉・華道など様々な部活動もあります。

勤務条件について

勤務条件の概要については、次のファイルにてご確認ください。

研修制度

新規採用職員研修集合写真

新規採用職員研修にて(施設見学:茶畑テラス茶の輪)

職員の資質の向上を図るため、職場外研修(Off-JT)や職場研修(OJT)などを継続的に実施し、職員の能力開発を支援しています。

入庁1年目は新規採用職員研修を受講し、公務員としての責任と自覚、職場への適応力を養います。また、職務を確実に遂行して市民から信頼される職員となるための基礎知識と技能を習得します。

配属後は先輩職員がそれぞれの職場で、仕事に必要な知識や技能などを計画的・継続的に指導しますので、安心して仕事に取り組むことができます。

新規採用職員研修の内容(事務職の例)

新規採用職員研修の内容(事務職の例)

前期(四月:5日間)

入間市職員として目指すもの、市の組織と仕事の進め方、服務について、接遇とホスピタリティ、入間市の歴史と地理、施設見学、先輩職員を囲んでなど

中期(六月:6日間)

人権問題、男女共同参画、地域防災計画・国民保護計画、自然かんさつ(フィールドワーク)、福祉とまちづくり、社会福祉施設体験実習など

後期(十月:6日間)

協働のまちづくり、公務員倫理、地方自治制度、地方公務員制度、法令の読み方、地方財政のしくみ、ハラスメントの防止、狭山茶の歴史と文化など

 

職員研修やインターンシップ等の情報について

職員研修やインターンシップの情報については、下記リンクにて随時情報を公開しています。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 人事課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)
ファクス番号:04-2965-0232
メールフォームによるお問い合わせ